menu_open menu_close project external arrow_right arrow_up mail course home login sitemap topics about arrow1

地域後見推進プロジェクト

共同研究
東京大学教育学研究科生涯学習論研究室+地域後見推進センター

講座の受講に関するQ&A

Q1: 実習の選択について

・ご質問

 受講申込み時に「実習の選択」をする必要があるようですが、2つの選択肢のうちどちらを選べばよいのですか?

・ご回答

 本講座の実習は、以下の3つによって構成されています。
 各実習の内容については、講座シラバス講座カリキュラムをご覧ください。

(1) 後見実務演習
 後見開始申立書等の作成(10時間)

(2-a) 施設体験実習
 介護施設や障がい者施設等への訪問(5時間)

(2-b) 選択課題
・成年後見制度の普及・啓発活動に関する企画(5時間)
・成年後見に関係する業務上の課題に関する検討(5時間)
・任意後見契約書の作成(5時間)
・エンディングノートの作成(5時間)
・遺言書の作成(5時間)
※これら5つの課題以外に、自分で課題を設定して実施することが可能。

 上記3つの科目のうち「(1)後見実務演習」は必修科目です。
 他方、「(2-a)施設体験実習」と「(2-b)選択課題」の2つは選択科目です。
 「(2-a)施設体験実習」と「(2-b)選択課題」のうち、実施したい科目をどちらか選んでください。

※「(2-b)選択課題」を選択する場合、5つの課題のうちどれを行うかは、受講申込み時に決めていただく必要はございません。(講座開講後(10月26日以降)に決めていただいて結構です。)

Q2: 実習の実施期間について

・ご質問

 実習は座学に並行して実施されるということですが、具体的に実習の予定日は決まっていますか?

・ご回答

 実習は、あらかじめ特定の実施日が決められているわけではなく、また課題により実施期間が異なっています。具体的には以下の通りです。

(1) 後見実務演習
 「後見実務演習」(後見開始申立書等の作成)は、「後見実務の演習Ⅰ・Ⅱ」の講義(12月1日)を受講した後、およそ2ヵ月間かけて、宿題(家庭学習)の形で行っていただきます。(提出期限2月2日)

(2-a) 施設体験実習
 施設体験実習(介護・福祉施設等への訪問)は、2019年11月11日から2020年1月31日の間に随時実施する予定としております。
 原則として施設体験実習は、講座事務局によって指定された施設において、当該施設の営業日(平日)に行われます。
 実習は、原則として実習時間5時間を1日で行います。
 施設体験実習の具体的な実施日は、各受講生が受入先施設と日程調整を行うことによって決めていただきます。

(2-b) 選択課題
 選択課題は、11月11日から2月2日までの約2ヵ月間で行っていただく予定です。

Q3: 補講の受講方法について

・ご質問

 講義を欠席した場合、講座の全課程を修了することはできなくなるのでしょうか?

・ご回答

 仮に座学の講義を複数回(あるいは複数日)欠席した場合でも、その補講を受けることによって、講座の全課程を修了することは可能です。
 補講につきましては、原則としてインターネットを活用して実施する予定です。
 各日程の講義終了後、当プロジェクトホームページの受講生専用ページにおいて、補講用講義動画(各講義の内容を録画したもの)を公開いたします。補講は、受講生がその動画を視聴し、補講レポートを提出していただくことによって実施する予定です。動画は、受講生のご都合の良い時間に、ご都合の良い場所でご視聴いただくことができます。
 また、お使いになっているインターネットの接続環境などにより、動画をご覧いただくことが困難な場合、 DVDによって補講用動画をご視聴いただくことも可能です。講義動画が収録されたDVDをご自宅等に郵送し、ご視聴後にご返却いただきます。(送料は受講生のご負担となります。)
 なお、欠席された日に配布された資料については、後日ご自宅まで郵送する予定です。

Q4: 受講料について

・ご質問

 受講料は77,000円となっておりますが、それ以外に、テキスト代や実習費や消費税などが別途、必要となりますか?

・ご回答

 受講料77,000円は消費税込みの金額であり、またテキスト代や実習費などがすべて含まれた金額となっております。したがって、受講料77,000円以外のお金をお支払いいただくことはございません。
 ただし、実習施設との往復の交通費や施設での飲食費など、各受講生が負担すべき費用については受講料に含まれておりません。

※本年10月に消費税が増税される予定のため、本年度の受講料については、やむを得ず増税分を上乗せさせていただいております。ご負担をお願いしてしまい心苦しい限りではございますが、ご理解いただきますようお願い申し上げます。

Q5: 応募資格について

・ご質問

 講座の応募資格にある「高等学校卒業に相当する資格」とは具体的に何を指すのでしょうか?

・ご回答

 高等学校卒業程度認定試験(旧大学入学資格検定)合格者、および法律上、高等学校に相当するとされる各種学校の卒業生、または講座主催者より高等学校卒業に相当する資格を有すると認められた人のことを指します。

Q6: 講座の難易度について

・ご質問

 講座の難易度はどれぐらいのレベルなのでしょうか? 後見についてほとんど知識を持っていなくても、講義についていけるでしょうか?

・ご回答

 本講座は基本的に、後見に関する初学者を対象としたカリキュラムとなっております。

 後見に関する基礎的な事柄から、徐々に発展的・実践的な内容を学習していく積み上げ型のカリキュラム編成をしておりますので、後見に関する知識がほとんどない方でも安心して学んでいただくことができます。
 また後見に関する知識や経験をある程度お持ちの方も、基礎的な事柄を復習して知識の定着を図ると共に、より発展的・実践的な内容の講義を通じて、さらに知識や能力を向上させていくことができます。

Q7: 受講のキャンセルについて

・ご質問

 講座の受講を申し込んだ後、受講をキャンセルしたい場合はどのようにすればよいのでしょうか? その場合、振り込んだ受講料はどうなるのでしょうか?

・ご回答

 講座の開始前に受講のキャンセルをされる場合は、講座開始前日(2019年10月25日17時)までに、メールや電話などで市民後見人養成講座事務局(project@kouken-pj.org)まで、講座の受講をキャンセルする旨、お知らせください。
 キャンセルのご連絡をいただきましたら、事務局の方から、お振込みいただいた受講料のご返金の手続き等についてご案内いたします。

 ご返金につきましては、原則としてお振込みいただいた受講料の全額(77,000円)をご返金いたします。
 ただし、開講直前(10月上旬頃)に、受講にあたっての連絡事項のご案内を各受講生に郵送する予定ですが、その後にキャンセルされた場合は、事務手数料等(1,000円)を差し引いた金額(76,000円)をご返金いたします。

 なお、講座開始後(2019年10月25日17時以降)に受講のキャンセルをされた場合は、受講料のご返金はいたしかねますのでご了承ください。

Q8: 修了に関する証明書について

・ご質問

 講座を修了することによって、東京大学から履修証明書を受領することはできるのでしょうか?

・ご回答

 本講座は、法律に基づき設置される東京大学の履修証明プログラムではございませんので、東京大学から履修証明書が交付されることはございません。
 ただし、講座を修了された方には、主催者である地域後見推進センターより、厚労省モデルカリキュラムを修了したことが認定されると共に、東京大学大学院教育学研究科生涯学習論研究室による教育プログラムに基づく講座の全課程を履修したことを証する「修了証明書」が交付されます。

Q9: 講座の日程の確定について

・ご質問

 講座の日程のうち、2020年2月1日と2月2日について、日程は確定したのでしょうか?

・ご回答

 講座の日程のうち、2020年2月1日と2月2日については、当初、会場の都合により変更される可能性がありましたが、2020年2月1日と2月2日の日程で確定いたしました。(これにより、講座の全日程が確定いたしました。)