menu_open menu_close project external arrow_right arrow_up mail course home login sitemap topics about arrow1

地域後見推進プロジェクト

共同研究
東京大学教育学研究科生涯学習論研究室+地域後見推進センター

3.フォローアップ研修

令和元年度市民後見実践者研修は、今般の新型ウィルスの状況を鑑み、誠に恐縮ながら開催を延期することとさせていただきます。
開催日につきましては、状況が流動的なため、今後2~3ケ月の間、新型ウィルスの状況をみながら日程を決定するようにしたいと考えております。開催日が決まりましたら、あらためてご案内いたします。

※すでに受講料をご入金済みの方につきましては、以下のようにさせていただきます。
・次回の研修会(延期後に開催される令和元年度市民後見実践者研修)に、優先してご参加いただけます。
・お預かりした受講料は、次回の研修会の受講料に繰り越しとさせていただきます(次回の研修会の受講料に充当させていただきます)。

・次回の研修会に参加されない方につきましては、全額返金させていただきます。
・次回の研修会の受講をキャンセルされる場合は、メール(project@kouken-pj.org)等にて、事務局までご連絡ください。


【令和元年度市民後見実践者研修 開催要項】

  1. 日時: 開催延期(開催日は今後2~3ケ月のうちに決定)
  2. 会場: 東京大学 本郷キャンパス 赤門総合研究棟2階 A200教室
  3. 受講対象者: 市民後見人養成講座修了者
           修了者から推薦を受けた一般の方
  4. 定員: 100名(受付先着順)
  5. 受講料: 6,000円(資料代含む、税込み)
  6. 主催: 一般社団法人地域後見推進センター
  7. プログラム編成: 東京大学教育学研究科生涯学習論研究室
  8. 申込方法: 現在、お申し込み受付停止中です。

 
研修プログラム

時 間 内 容
 

10:00-
10:10

開会、オリエンテーション

主催者挨拶:北野 俊光(地域後見推進センター理事長、弁護士)

1限 10:10-
12:00

研究報告/講義:互助による地域連携ネットワークの必要性と自助による家族信託の備え

-2018年度丸紅基金助成事業に基づく「地域後見における連携ネットワークと中核機関」の調査研究を踏まえて-

講師:遠藤 英嗣(地域後見推進センター業務執行理事、弁護士)

2限 13:00-
13:50

講義:法テラスと市民後見

-国民がどこでも法的トラブルの解決に必要な情報やサービスの提供を受けられるようにという構想のもと設立された法テラス。地域にとって心強い存在である法テラスの業務を再確認-

講師: 植田 高史 氏(法テラス秩父法律事務所代表、常勤弁護士)、福井 拓也 氏(法テラス秩父法律事務所、常勤弁護士)

2限 14:00-
14:50

実践報告1:『地域と共に歩む権利擁護支援

-「この町で、安心して、ず~っと暮らしたい」 その思いを実現するため、地域力の向上と成年後見制度が地域に定着することを目指し奮闘するNPO法人の実践-

講師: 小野寺 幸司 氏(NPO法人 カシオペア権利擁護支援センター所長)

3限 15:00-
16:00

実践報告2:多様な支援から考えさせられること

-8050問題、生活困窮、ゴミ屋敷など、抱えている問題は多種多様。フォーマルとインフォーマルの狭間を知恵と工夫で埋めながら活躍する市民後見活動の最前線 -

講師:上田 佳代 氏(一般社団法人 成年後見普及協会代表理事(第4期市民後見人養成講座修了者))

 

  • 市民後見実践者研修の詳細については、下記の開催要項のPDFをご覧ください。

開催要項を確認するPDF (484 Kb) 

  • 研修プログラムは、都合により一部変更となる可能性もございますのでご了承ください。